アトピー性皮膚炎・アレルギー疾患を漢方やサプリメント温熱免疫療法などの代替療法を取り入れステロイドに依存せず治療します

 当院での疾患別治療法  〔 アトピー性皮膚炎・詳細4 〕 疾患別治療法
丹羽クリニックをご案内します
携帯サイト
丹羽院長をご紹介します
丹羽式統合医療について解説します
丹羽クリニックでの治療法を解説します 以下をクリックください
生活習慣病
糖尿病
高血圧症
アレルギー性疾患
アトピー性皮膚炎
アトピー性皮膚炎詳細
花粉症
アレルギー性鼻炎
気管支喘息
悪性腫瘍
統合的がん治療
肩こり
腰痛
坐骨神経痛
椎間板ヘルニア
丹羽クリニック Facebook
院長の関係先 お役に立つHP
多くの貴重な情報が見られます。用語解説も・・
院長が、健康・医学について解説していきます
当院で、実績をつんだセレクションを紹介します
 〔 アトピー性皮膚炎 詳細その4 〕
  患者さんからの質問と回答(一般的回答です)
Q:  どのくらいの期間で治りますか
A:  少なくとも3ヶ月は通院してください。アトピーはとても複雑な病気です。治癒までに要する期間は、皮膚の状態、治療歴、生活環境などによって異なります。しかし3ヶ月治療を続ける間に、皮膚は3回ターンオーバーし、治療の効果が見え始めてくる頃です。治療効果を実感し、根治に向っていると納得していただきながら、安心して治療を受けていただけるようになると思います。
Q:  処方された治療は全部やらないとだめですか
A:  漢方に加え、ビタミン・ミネラル療法を取り入れることで、強く美しい皮膚になりますし、正體術を取り入れることで、より早く治ります。またこれらの相乗効果も、治癒過程に大きく影響します。より早くよりきれいに治るために、出来る限り必要な治療は全て受けていただきますよう、お勧めいたします。しかし個々のご事情やご都合で、優先順位の高い治療を選択して受けている方もいらっしゃいます。その場合はご相談下さい。
Q:  治療中に気を付けることはどんなことですか
A:  ステロイドに頼らずにアトピーを治すには、食生活やスキンケアなど、注意していただくことがあります。一番大切なのは、風邪をひかないようにすることと、睡眠をとることです。またストレスや気候、女性は生理などの影響で、皮膚が乾燥しやすく、皮膚の状態が悪化することが多いので、皮膚の調子を保つことを心がけて下さい。
Q:  すぐにでもステロイドをやめたいけれど不安です
A:  ステロイドを安易にやめるのは、危険を伴います。特にこれまでステロイドを長期に使用していた方や、ステロイドが効かなくなっている方は、徐々に減らしていくのが、上手なやめ方です。漢方、ビタミン・ミネラル療法、スキンケアをきちんと行うことで、皮膚が次第に丈夫になり、ステロイドの効き目が今までより良くなってきます。ステロイドを塗らなくても大丈夫なことを確認しながら、塗る頻度を減らしていきましょう。
Q:  タクロリムス軟膏は使いますか
A:  当クリニックの治療方針は、体質改善と自然治癒力アップに主眼をおいていますので、タクロリムス軟膏は必要としません。タクロリムス軟膏を使用経験のある患者さんも来院していますが、ステロイドとは異なる性質の皮膚を形成しているように感じています。タクロリムス軟膏を使用されていた場合、治療効果が出るまでに予想以上に時間を要し、皮膚の変化も起こりにくいのが現状です。

Copyright (C) Niwa Clinic 2007 All rights reserved